2010年12月15日水曜日

共時性 その他

昨日は夜、買い物に都内へ出かけました。
そして帰りにふと気がつくと、前の車のナンバーが「888」のぞろ目です。おおっと驚いて、慌てて持ち歩いていたカメラでシャッターを切ったのです。
そして、これは何か幸運があるのかなと思っていたら、隣車線の車がダッシュして前に進んだので目をやると、なんとそちらの車のナンバーは「333」だったのです。これはすごいなあと思っていると、その車が私の車の前に割り込んできたのです。そして、右車線の空いた所に次の車がダッシュして進みました。その車のナンバーがなんと「・・・1」だったのです。何かあり得ないような共時性というのか、偶然の積み重ねがあったようにも思えたのですが、ただそれだけのことで、だからといって何か良いことがあったわけでもありませんでした。

「あかつき」も、予定通りに金星に到達したのだから、あとは「もう少し」の問題で失敗したのではないかと思ったりするのです。米国やソ連は何度も惑星探査に失敗しています。日本も自力での初回トライアルは失敗して当然です。失敗は成功の元とも言いますので、これを機に新たな成功への道を歩んでほしいと考えました。とにかく私は部外者の上、素人で、岡目八目、同計画にはなんら関与できなかったので、このプロジェクトの成否には関係がありません。いずれにしても今後の対策に期待したいと考えます。

これに対して、同時に打ち上げられた太陽ヨット「イカロス」は、世界初の成功という快挙を成し遂げて、順調に飛行を続けているようです。
イカロスの用いている「太陽の光」だけを推進力にして、宇宙を帆走するという画期的な方法が、新たな「宇宙航海時代」の幕開けになるのかどうかはまだ予断を許しません。しかし、イカロスの成功はロケット推進を用いない宇宙航行時代の第一歩を歩みだしたことは間違いないようです。同宇宙機とロケット以外の航行法を用いる宇宙船の今後の進展を見守りたく思います。

いよいよ年末も押し迫ってきました。あちこちでクリスマスの飾りつけとか、夜間の電飾が綺麗な時期になってきました。
今年も様々な困難を無事乗り越えて来られたことに感謝をしつつ、新たな年への準備をしようと考えます。
皆様もどうぞ良い年末年始をお迎えください。

植木淳一

2 件のコメント:

Po さんのコメント...

調子がよいと共時性が
リアルに感じられますね。

植木様もどうぞ良いお年をお迎え下さい。

Wood さんのコメント...

ありがとうございます。